スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎ケイシーの映画「リーディング」の製作の援助が必要です!

    ◎ケイシーの映画「リーディング」の製作の援助が必要です!

     現在、白鳥哲監督が製作されている、ケイシーを取り上げた映画「リーディング」は、製作基金を募集しています。

     「地球交響曲・ガイアシンフォニー」もそうでしたが、大きな商業スポンサーをつけないでしっかりと自由な表現をするためには、一般市民からの援助が必要になります。

     この援助は1,000円からできますので、本当に市民レベルで関わることができ、かつ、5万円以上の方で希望者はエンドロールで名前を表示していただけるそうです。

     いろんな方からの自分に見合った援助によって、ケイシーの映画が完成し上映されることは、市民レベルのホリスティックな医学、医療を推進する一環として合致していると思います。

     ぜひ、下記の募集の要項をご覧になっていただき、自分に適した内容で関わっていただければと思います。

     http://earthianalliance.com/fund.php

     どうぞ、よろしくお願いします。


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-10-07(Fri) 17:30:47】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎「アントロポゾフィー医学(シュタイナー医学)」連続講座始まります!

     最近、「勉強の秋」ということで、講座のお知らせばかりになっていますが、、今日は、ここ数年開催しております「アントロポゾフィー医学(シュタイナー医学)」連続講座のお知らせです。

     取りまとめを日本アントロポゾフィー医学の医師会の理事の山本忍先生にしていただき、4名のアントロポゾフィー医学に取り組んでいる医師による連続講座となっています。

     このため、医学的基盤を踏まえた上での、とても地に足のついた内容になっているとともに、現代医学の枠にとらわれずに、アントロポゾフィー医学の視点からの医療観・治療観に基づく内容になっています。

     ご担当の先生自身が1年ごとにさらに成長されているため(このような通常の医療界では理解されない医学体系を追求されているのですから)、年ごとに内容が進化・深化しているのが分かります。

     日本のアントロポゾフィー医学、ホリスティック医学の発展・普及のためにも、このような講座によって先生方のエネルギーがさらに高まることが重要となります。

     2か月に1回、土曜日の夜の開講ですので、ぜひ万象送り合わせの上ご参集くださいますようご案内させていただきます!
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/2016Anntoro.pdf

    ☆第1 回(10/1) アントロポゾフィー医学総論(堀雅明)
     3 分節、4 つの構成要素+耳鼻科疾患、癌の観方

    ☆第2回(12/3)ゲーテ・シュタイナー的植物観察法(田中耕一郎)
     東洋医学の観点を交えて

    ☆第3回(2/4) アントロポゾフィー医学各論(山本百合子)
     アトピー性皮膚炎を中心に皮膚科疾患
     アントロポゾフィー医学の病院での実践
     芸術療法

    ☆第4回(4/1) アントロポゾフィー医学各論・総論(山本忍)
     7 惑星と7 つの臓器 12 星座
     アントロポゾフィー医学の治療薬と実践例
     オイリュトミー療法の体験

    ○会場:赤坂溜池クリニック付属ホリスティックヘルス情報室

    ◎申し込み方法
    「アントロポゾフィー医学」講座申込みとして、下記の
    項目をメールまたはファックスでお送りいただき、お振
    込み下さい。振込みをもって正式受付となります。
    ① 講座名②日程③氏名(ふりがな)④住所⑤連絡
    先(当日つながる電話番号)⑥メールアドレス

    ■ 主催・お問い合わせ: (有)ホリスティックヘルス情報室
    E メール: hic@a7.rimnet.ne.jp FAX: 03-5572-8219

    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-09-16(Fri) 11:16:30】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎秋の「ホリスティック医学講座」

     4月から始めました「ホリスティック医学講座 基本科」は、自分がホリスティック医学を追究してくる過程の中で、「ホリスティック」という理念の理解を進めるために役立ったものを系統立てた連続講座です。

     第1回目に「ホリスティックヘルス塾 基本講座」を行った後、「ライフスタイル・心理」編3回、「自然療法・植物療法」編3回、「エネルギー医学」編3回の計10回で構成し、日本ホリスティック医学協会の「ホリスティック・ピープル」と日本フィトセラピー協会の「森林ソムリエジュニア」の認定を受けられるようにもなっています。

     第1期の方々が10回のうちの9回まで終了して、残すはあと一つだけになりました。「基本科」を修了したあとのフォローアップ、生涯学習のために10月からは「研究科」を始めることにいたしました。そして、「基本科」のほうは、秋から第2期を開始します。

    +++++++++++++++++++++

    9月になりましたので、10月からの講座のご案内をお送りします。

    ①ホリスティック医学基本科「第2期」
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/20160721horiigakukiho…

    ②ホリスティック医学研究科
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/horikennkyuuka201601.…

    ③アントロポゾフィ―医学連続講座
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/2016Anntoro.pdf
    ④ホリスティックカウンセリングコース
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/manfredkrames2.html
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/201610kuramesuhorikau…



    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-09-05(Mon) 15:13:11】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎ドイツのホリスティックドクター・クラメス先生の1日講座

    ◎ドイツのホリスティックドクター・クラメス先生の1日講座

     10代の時に、日本に来て禅寺で修行し、その後、インドやスリランカでアーユルヴェーダを習得され、オープン国際大学で「Ayurveda 教授」として名誉学位を取得し、1997 年、ドイツのバーデンバーデン市で大規模なAyurveda Clinic を開設されるなどの素晴らしい活動をされてきたドイツのホリスティックドクターのクラメス先生の特別講義が行われます!
     
     テーマは、
    「ホリスティックな食養生・SEX・全体問診(ホリスティックカウンセリング)」
    です。

     特に、健康にとって一つのキーでありながら、日本ではタブー視されている「性・SEX」についても、取り上げる意欲的な試みをして下さいます。

     その他、アーユルヴェーダの5元素の視点からの「食養生」、患者さんをホリスティックにとらえるための「ホリスティックカウンセリング(全体問診)」の基本的な考え方を教えていただきます。

     1日で3つのテーマを学べる大変有意義な講座となっています。どうぞ、ご参加をお待ちしています!

    ○ と き 7/24(日) 10:00~16:00
    ○ ところ ハロー貸し会議室淡路町
    (千代田区神田司町2-6 荒木ビル7 階)
    丸の内線淡路町駅A2出口3分、都営新宿線小川町駅A4出
    口3分、JR 神田駅北口6分、銀座線神田駅4、5番出口5分
    (当日のみ携帯:080-5484-8008)
    ○ 受講料: 7,500 円 (当日は9,000 円)
    日本ホリスティック医学協会会員は6,000 円

    <お申し込み>
    1.必要事項(1 氏名、2 住所、3 電話、4 E-mail、5 一般か
    会員か)をhic@a7.rimnet.ne.jp まで(締切7/20(水))。
    *または、FAX で 03-5572-8219まで。
    2.申し込み受理のお知らせ後1 週間以内にお振込み下さい。
    三菱東京UFJ 銀行虎ノ門中央支店普通5832950
    (有)ホリスティックヘルス情報室
    3.お振込み後、受付完了となります。お振込後の受講料は
    ご返却できませんので代理受講でご対応をお願い致します。

    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/suishinprj.pdf


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-07-13(Wed) 09:12:36】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎イギリスの「EU離脱」結果についての雑感

    ◎イギリスの「EU離脱」結果についての雑感

     どうもイギリスの国民投票では「EU離脱」に決着する見通しだそうです、、。医学・医療が専門なので、政治に対してはあまり詳しいわけではないのですが、一言雑感を、、。

     この影響は、他のヨーロッパの国々のEU離脱派の政党を勢いづけることになり、他にも国民投票などの動きが広まる可能性があります、、。

     そして、今見たニュースでは、イギリスの中でもスコットランドは残留派が多く60数%もいたそうで、独立してEUに入ることを目指すという自治相の見解が出ていたり、北アイルランドもイギリスの動きに翻弄されてしまうよりもアイルランドとの話し合いを始める動きも出ているそうです。

     今開催されているユーロ(お金じゃないですよ、、。ヨーロッパサッカー選手権です、、)に、イングランド、ウェールズ、北アイルランドという、スコットランドを除く3国が出場しているため、最近改めてイギリスという国の構造に興味を持ったところでした(何とこの3国とも明日からの決勝トーナメントに進出しました!)

     「変化」や「変革」は悪いことではないと思っていますが、その方向性が狭い民族的なものから来るものだとしますと、「ホリスティック」とか「統合」という理念を重視している身としましては、後退していく感が否めません、、。

     「インテグラル(統合)理論」を提唱したケン・ウィルバーは、今の団塊世代以降のインテリたちを、頭はいいが利己主義であるとして「団塊世代病(ブーマライティス)」と揶揄しています。

     ぜひ、種々の変化や変革が、利己主義や民族主義という狭い見解からではなく、「統合」という視点のホラーキー(統合的な階層)に基づくものであることを祈念したいと思っています。

     大きな全体の中に入ると、「埋没」したり、「搾取」されるという暗い歴史を今こそ乗り越えることが必要だと思いますし、そのためのホリスティックな、そして統合的な視点が必要なのだと思います。

     ウィルバーは、「統合」、「ホリスティック」な視点では、個が埋没するのではなく、個の特徴は消えるのではなく、「包摂」されるというような表現もされています、、。

     難しいことかもしれませんが、「統合」とか「ホリスティック」の本当の意味を、単に「寄せ集め」とか「全体主義」とは違うことを認識して、歩むべきだと感じました、、。


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-06-24(Fri) 18:37:21】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。