FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎イギリスの「EU離脱」結果についての雑感

    ◎イギリスの「EU離脱」結果についての雑感

     どうもイギリスの国民投票では「EU離脱」に決着する見通しだそうです、、。医学・医療が専門なので、政治に対してはあまり詳しいわけではないのですが、一言雑感を、、。

     この影響は、他のヨーロッパの国々のEU離脱派の政党を勢いづけることになり、他にも国民投票などの動きが広まる可能性があります、、。

     そして、今見たニュースでは、イギリスの中でもスコットランドは残留派が多く60数%もいたそうで、独立してEUに入ることを目指すという自治相の見解が出ていたり、北アイルランドもイギリスの動きに翻弄されてしまうよりもアイルランドとの話し合いを始める動きも出ているそうです。

     今開催されているユーロ(お金じゃないですよ、、。ヨーロッパサッカー選手権です、、)に、イングランド、ウェールズ、北アイルランドという、スコットランドを除く3国が出場しているため、最近改めてイギリスという国の構造に興味を持ったところでした(何とこの3国とも明日からの決勝トーナメントに進出しました!)

     「変化」や「変革」は悪いことではないと思っていますが、その方向性が狭い民族的なものから来るものだとしますと、「ホリスティック」とか「統合」という理念を重視している身としましては、後退していく感が否めません、、。

     「インテグラル(統合)理論」を提唱したケン・ウィルバーは、今の団塊世代以降のインテリたちを、頭はいいが利己主義であるとして「団塊世代病(ブーマライティス)」と揶揄しています。

     ぜひ、種々の変化や変革が、利己主義や民族主義という狭い見解からではなく、「統合」という視点のホラーキー(統合的な階層)に基づくものであることを祈念したいと思っています。

     大きな全体の中に入ると、「埋没」したり、「搾取」されるという暗い歴史を今こそ乗り越えることが必要だと思いますし、そのためのホリスティックな、そして統合的な視点が必要なのだと思います。

     ウィルバーは、「統合」、「ホリスティック」な視点では、個が埋没するのではなく、個の特徴は消えるのではなく、「包摂」されるというような表現もされています、、。

     難しいことかもしれませんが、「統合」とか「ホリスティック」の本当の意味を、単に「寄せ集め」とか「全体主義」とは違うことを認識して、歩むべきだと感じました、、。
    スポンサーサイト


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-06-24(Fri) 18:37:21】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。