スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎「エネルギー科学×東洋思想 アリス・ベイリー・秘教治療から老荘・空の思想まで」報告

    ◎「エネルギー科学×東洋思想 アリス・ベイリー・秘教治療から老荘・空の思想まで」報告

     昨日は、日本ホリスティック医学協会で、上記の講座が行われました。企画の当初から「コアな講座」と認識しながら、準備してきたものです、、。

     ホリスティック医学は、「全体的」という言葉から、幅があるとらえ方をされてきていますが、簡単にいえば、body-mind-spuritすべてを含めて人間、病気をとらえる医学観です。

     このbody-mind-spritすべてということで、ある程度わかりやすくなりますが、この講座では「ホリスティック医学の究極の姿とは」という方向でディスカッションも行いました。

     この「究極」という方向に沿ったものとして、「秘教治療、アリス・ベイリー」と「老荘思想、空・中の思想」から深めていくことにしたものです。

     講師は、アリス・ベイリー、秘教治療を研究して半世紀、、という神尾学氏と、大学院で哲学を学んで40年という本宮輝薫氏という、日本ホリスティック医学協会きっての論客のお二方にご登壇いただきました。

    ◎「エネルギー科学・秘教治療の視点からのホリスティック観」ホリスティックヘルスケア研究所所長/協会理事・神尾学氏

     神尾氏は、まず重要な「自己治癒力」「自然治癒力」には、秘教治療の視点から「2つの自己治癒力」があると説明します。

    1.肉体・自然のもつ自然治癒力
                 ~ プラーナ
    2.魂から流入する霊的治癒力
               ~ 光線(Ray)
    という分類です。
     
     そして、現在の種々の代替療法、ボディケア、ヒーリングは、ほとんどが1の「肉体・自然のもつ自然治癒力 ~プラーナ」を扱ったものとのことです。

     それに対して、秘教治療では、2の「魂から流入する霊的治癒力 ~光線(Ray)」を扱う方向を目指しているということです。

     そのための説明がなされているのが、アリス・ベイリーによって著された『秘教心理学・第一巻』、『秘教心理学・第二巻』(上・下)、“Esoteric Astrology”(『秘教占星学』)、『秘教治療』(上・下)、“The Rays and the Initiations”(『光線とイニシエーション』)の5冊になります。

     それでは、「秘教治療=エソテリックヒーリング」とは通常のヒーリングとはどう違うのか、についてですが、

    ・「すべてはエネルギー」という前提のヒーリング。
     ~これは、名著『バイブレーショナル・メディスン』でもリチャード・ガーバーが提示していた視点でした。

    ・瞑想を通して魂とつながり、そのエネルギーを活用する。
     ~瞑想をとおして、単にリラックスするとか、体調が整うとか、ひらめきを得るとかではなく、「魂とつながる」ことが目的・目標だということです。
     そして、それによって魂とつながったことによるエネルギーを活用するということです。先ほど、説明されたプラーナを利用するのではない!、ということになります、、。

    ・存在自体で癒すビーイングのヒーリング ⇔ 
               ドゥーイングはエクソテリック。
     ~そして、何か技法(ドゥーイング)で行うのではなく、自分の「存在自体で癒す」(ビーイング)で行うヒーリングです。これを神尾氏は、別の言い方では、掌などからの技法による「磁気ヒーリング」ではなく、存在から発する「放射ヒーリング」で癒す、と説明されることもあります。

    ・「肉体の不調・病気」を契機に行われる行為ではあるが
               その肉体の改善が第1目的ではない。

     ~そして、ここが深いところですが、「ヒーリング」は「治療」とは違う言葉ですので、病気を契機に深い「秘教治療=魂とつながったヒーリング」を行うようになる。しかし、目的は、肉体の改善が目標ではなく、魂とつながることが目標(必ずしも肉体の病気が治るというわけではないヒーリング)ということです。

     これに対して、実用的ではない、という意見の人もいると思いますが、肉体の治療よりも魂の癒しを重視する人間観の違いといえるでしょう。私は、こういう視点が結構好きです、、。

     人生で成功するより魂を売りたくない、と思っているファイターですので、、!?

    ・魂が肉体から引き上げることを希望しているときには、
     それに協力する。その際には、人間に避け難く訪れる
     「死のもつ意味」を明らかにする教育。

     ~そこから、ただ長く生きることを目的にするのではなく、魂が肉体から引き上がる時期が来たら、執着しない、という視点です。そして、肉体の「死」の意味について、気づくことの「教育」も重視されています。

    ・病気は魂からのメッセージであり、それを読み取り応える
     ことを通して、ヒーラーおよびクライアント、およびそれを
     包み込む宇宙の霊的進化に寄与する。

     ~そして、さらに究極の視点が「宇宙の霊的進化」に「寄与する」という視点です。あまりがっちり考えますと、身動きがとりにくくなってしまう感がありますが、一人一人の人間は、宇宙と関連している、宇宙の進行に関わっていると考えているということになります、、。

     私は、こういうときにいつも「ネバーエンディング・ストーリー」の少年を思い出します。屋根裏でみつけた本のストーリーがどうなるのか、というときに、この少年の意識、思いがストーリーをつくるんだよ、という、あの場面です、、。

    そして、「エソテリック・ヒーラーに求められる資質」というのがまた凄いです、、。

    ・「魂に接触し、魂として働く能力」
    ・「魂、マインド、ヘッド・センター、肉体脳の速やかな整列」
    ・「診断する際の、魂によるイルミネーションを受けたマインドの活用」
    ~以上を習得するには瞑想が不可欠であり、ヒーリング能力は、瞑想の深さのレベルに規定されるとも言える。

     この内容は、簡単なハウツーではできないことです、、。厳しいです、、。

     しかし、人生で、簡単なこと、ハウツー的なこと、便利なことを求めてきた結果、今の世界がどこかおかしくなっています、、。多少厳しいからこそ、いいのではないでしょうか!(私は最近、ちょいMくらいがいいなあ、と感じています。「ちょい」ですよ。)

    ◎「東洋思想・気の情報論の視点からのホリスティック観」心身一体療法研究所主宰/協会理事・本宮輝薫氏

     そして、次に東洋思想、気の情報論の視点からの本宮氏による説明です。

     まず、本宮氏は、仏陀による見解=原始仏教の霊魂観について説明してくれました。
    ・霊魂は存在しない
    ・輪廻転生はない
    ・カルマも存在しない
    ・信仰しない、仏を拝まない~絶対者は存在しない
    ・歴史の必然も終末も存在しない→神の目的も存在しない
    ・まじない、魔術、秘密めいた教義も存在しない

     上記の見解は、仏陀のたどりついた境地として知られています。仏陀の教えの内容は好きだけど、霊魂、輪廻転生、神などを認めていない世界観には賛同できない、、という方もいますね。

     そして、本宮氏は、「しかし、これでは、民衆はついてこないので、“方便仏教”が始まり、民衆が魅かれるようになっていった」と解説してくれました。

     これが、われわれが知っている、小乗仏教、大乗仏教をはじめとする種々のあの幅広い仏教になっていったというわけですね、、。その中で、密教(エソテリック・ブッディズム」も生まれています、、。

     本宮氏は、密教(秘教)は、簡単にいえば、「魔術」の復活であり、危険性が高いものでもある。「真言」と言ってるのも、いわば「呪文」なので、魔術になっている、とのことです。

     そして、本宮氏の研究によると、次元を0から10次元まで分類してみると、
    ・0次元~原始感覚・皮膚感覚
    ・3次元~通常の感覚(そうですね、我々は3次元空間で生きていますね)
    ・4次元~「時間」が入ってくる
    ・5次元~一元論
    ・6次元~二元論
    ・7次元~弁証論
    ・8次元~縁起・空(ここで、空とか縁起という仏教の思想が入ってきます、、)
    ・9次元~易・道(ここで、老荘思想の道の視点が出てきます)
    ・10次元~即非・直非
    となるそうです。

     そして、7次元までは邪気になりうるが、8次元以上は無執着なので邪気になりえない、とのことです。ここのポイントが「執着・無執着」になることは、頷ける感じがしますね、、。

     そして、スピリチュアリティとは5次元以上とにつながりを意味するが、そこには「悪しきスピリチュアリティ」もある、、。私は、この悪いスピリチュアリティを「スピ系」と呼んで分けるようにしています、、。

     そして、「悪しきスピリチュアリティ」とは、「脱秘教化されていないスピリチュアリティ」であり、秘教・密教は、魔術・魔教になる可能性、欲望の達成、支配の道具にされる可能性、悪魔崇拝になる可能性の危険があるということです、、。

     その後、ディスカッションに入りましたが、まず、進行を務めさせていただいた立場から、最初に「秘教・密教」という言葉、位置づけについて提案させていただきました。

     「エソテリック」という言葉は確かに魅力的なのですが、大きく二つの意味があります。
    1、隠された、秘密の、という意味
    2、深淵な、奥深い、難解な、という意味

     通常は、「隠された、秘密の」という「オカルト」という意味合いが流布されているのが現状でしょう、、。これにより、怪しいという雰囲気も出ますが、秘密のものは魅力的、知りたい、、ともなりますね、、。

     しかし、実は、2番目の意味の「深淵な」とか「奥深い」、そして「難解な」という意味合いがあります。私は、こちらの意味を中心にとらえるようにすることを提案したいと思います。

     本宮氏は、それでも「深淵で難解だから、秘密にする」とつながっていくからやっぱり危ない、、という意見でした、、。

     神尾氏は、「深淵で難解だから、相応の準備が必要なので、準備できていない人を守るためにもいい意味でも隠されてきたという意味合いがある」という意見でした。

     仏教では、真言宗の僧侶で協会の理事もして下さっている飛騨千光寺の大下大圓和尚様は、ご著書の中で「三蜜」という「人間の身体(身蜜)、言葉(語蜜)、意(心蜜)という三つの機能は、仏の三つの機能と融合し、その境地は簡単に見たり聞いたりできないほど深淵であるから蜜という」のであり、「決して秘密にして隠しているという意味ではない」と記述しています(『ケアと対人関係に活かす瞑想療法』医学書院)。

     その後、種々にディスカッションが展開されていきましたが、何せ博識・論客のお二人ですので、いろいろな視点から言葉や世界情勢に対する解釈などが幅広く展開されていきました、、。

     進行役としても、とても面白く、舵取りにも多少エネルギーを要する、最近では一番歯ごたえのある講座となりました、、!この意味、大体お分かりいただけますね、、!

     しかし、こういう企画、講座ができる、懐の深さ、自由があるのが日本ホリスティック医学協会のいいところだと改めて感じた次第です、、。
     
     お二人の論客も、ややお相手を探りながらという感じもおありで、まだまだ奥深いものがあり、どうも連続シリーズ化を狙っていらっしゃる感もありましたので、第2弾も、いずれぜひ行いたいと思います! その節には、ちょっと勇気を出してぜひご参加ください!
    スポンサーサイト


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2015-10-26(Mon) 10:34:51】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。