スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎エネルギー医学フォーラムDay1「”祈り”とエネルギー医学」報告

    ◎エネルギー医学フォーラムDay1「”祈り”とエネルギー医学」報告

     日本ホリスティック医学協会関東フォーラム委員会では「エネルギー医学フォーラム」を、7月8日・9日の二日間にわたり行いました。

     8日のDay1は、「”祈り”とエネルギー医学」というテーマで、白鳥哲監督の名作『祈り』を上映しながら、白鳥監督、「シュタイナーに見る”祈り”」を山本忍氏、「エドガー・ケイシーに見る”祈り”」を光田秀氏にお話しいただきました。

     これは、10月からの新しい連続講座のテーマが「瞑想と祈り」に設定したため、そのエピローグとして「祈り」を中心の企画にいたしました。10月からの連続講座については、こちらをご覧下さい。
    http://www.holistic-medicine.or.jp/s…/s_office/entry5548.php

    ○「シュタイナー/人智学に見る”祈り”」 神ノ木クリニック院長・山本忍氏

     シュタイナー/人智学は、キリスト教と大変密接な関係がありますので、「祈り」という要素が重視されないはずがありません。まずは、かの有名な「我らが父よ(主の祈り)」に対してのシュタイナーの解説が紹介されました。

    「「祈り」は勝手に並べられた言葉ではない。、、一語一語分析することができる。、、「我らが父よ」の七つの願いには、七重の人間本性に関連した七通りの異なる感情の高まりの中で、七通りの仕方で神に高まる人間生活が表現されている。」

     この「七重の人間本性」とは、「肉体-エーテル体-アストラル体-自我-マナス-ブッディ-アートマ」の七つの構成体のことになります。

     シュタイナーが元々所属していた神智学では、「(肉体とエーテル体の両方で)物質界-アストラル界-メンタル界(マナス界)-ブッディ界-アートマ界-モナド(アヌパーダカ)界-アーディ(ロゴス)界」という七つの分け方になっています。

     山本先生の今までのレクチャーでは「マナス」以上のことは触れては来ませんでしたが、今回はテーマが「祈り」なので、「自我」より上の構成体も必然的に触れることになったとのことです。

     そして、シュタイナーの研究者は「祈りと瞑想の違い」にも言及しているそうです。

    ・祈りと瞑想は、修練領域が最終的に交じり合い、互いに補い合う。 ただその出発点が違う。

    ・祈り:一つの「汝」へ直接的に向かう。祈りの中では神に「汝」と呼びかけることが可能で、それを神は聞いてくれる。直接神に向かうこと、神に内的に対話すること、これが祈りの本質である。祈りには霊的世界の恵みが働く。

    ・瞑想:一つの表象、イメージ、一つの言葉(マントラ)を、魂の活動の中心とする。 その内容に属さないものすべてを排除しようと試みる。この内容は神的なるものの本質に関係する必要はない。何の意味もない場合がほとんど。

     瞑想だけでは十分ではなく、如何に、祈りと瞑想が混じり合って、補い合うようになるかが、とても重要だということが分かります、、。

    ○「エドガー・ケイシーに見る”祈り” 」 日本エドガー・ケイシーセンター会長・光田秀氏

     エドガー・ケイシーは20世紀最高の預言者といわれ、「リーディング」という催眠状態で預言したことで知られますが、実は大変敬虔なクリスチャンであり、「祈りの人」でもあります。

     記録に残る14,306件の「リーディング」を通しての預言は、主に人々の健康のために行われた「フィジカルリーディング」が約70%の9,605件を占めています。

     そして、洗腸やひまし油湿布などの自然療法でも知られている「ケイシー療法」では、主に神経の病気やがんなどの難病に対しては、まずは「祈り」を指示していたのです。

     例えば、「ALS(筋委縮性側索硬化症)」の患者へのリーディングには、「最初にすべきことを最初にすること。まず出エジプト記19章5節と申命記30章を読むことから始める。 そこに書いてあることを自分自身に適用せよ。辛抱強くあること、持続して行うこと」です。

     そして、その後に種々の自然療法を行うように指示されています。このような難病の患者は、「3か月後」にようやくピクッと体が動くことを感じ、その後徐々に改善してくという経過をたどっています。

     「根本的に治す」というためには、時間が必要なことが分かります、、。

     そして、ガンの24歳男性へのリーディングは、「そして、 何よりも、祈ることだ! この人を取り巻く人々は、霊的力を頼みとしそれを使うことだ。なぜなら、義なる人の祈りは、病を救うからだ。」

     さらに「覚えておきなさい。すべての力、あらゆる種類の癒しの力は内からの波動を変えることにあるということを ―― 生きた細胞組織の内にある聖なるものを、神の創造エネルギーに同調させることに他ならない、ということを」と続きます。

     そして、ケイシーは
    ・祈り~神へ問いかけること
    ・瞑想~神からの答えを聴くこと
    という位置づけをしているとのことです。

    ○「名作『祈り』にちなんで」 映画監督・声優 白鳥哲氏

     そして、名作『祈り』を上映するにあたり、白鳥哲監督からもメッセージをお話しいただきました。

     白鳥監督は、ご自身も脳腫瘍という難病を体験されており、西洋医学、東洋医学、ホメオパシー、波動カウンセリング、種々の宗教の祈り・祝詞などを自ら体験されていらっしゃいます。

     そのご体験も含めて、「祈り」が健康に及ぼす影響をテーマに、この名作『祈り』を製作されたわけですが、筑波大学名誉教授の村上和雄氏を柱に、ディーパック・チョプラ博士、医学ジャーナリストで『フィールド』の著者リン・マクタガート女史、細胞生物学者で『思考のすごい力』の著者ブルース・リプトンなどをインタビューした力作です。

     題名からも、もっと情緒的な内容の映画かなと思っていましたが、とても学術的な内容になっており、「エネルギー医学」の中心の1つである人間の「信念・祈りの力」を学ぶのに大変適した作品となっています。

     また、白鳥監督は、このエネルギー医学を理解するための鍵となる学問である「量子物理学」についても、相当な追究をされていることもよく分かりました。

     メインの存在の村上名誉教授は、映画の中でも「心と遺伝子の関係は大分分かってきたが、いずれ魂と遺伝子の関係を研究する必要がある」といったことを話されており、何と今では高野山大学との共同研究をされているそうです。成果が楽しみですね。

     白鳥監督は、「意識が現実を創る」ことを熱く語られ、今の危うい時代を切り開いていくためには私たちの「意識」が重要であり、「カルマ」というネガティブな方向に向くだけでなく、「恩寵」というポジティブな方向に向く意識の重要性を語られました。

     そして、最新作はケイシーを取り上げた『リーディング』という作品で、現在ほぼ出来上がっており、映画館のスケジュールによって来春頃には上映予定だそうです。

     この製作に多大な協力・貢献をされた光田氏は収録に立ち会われたそうで、ケイシーの当時の様子を忠実に丁寧に再現した撮影風景に感動され、間違いなく素晴らしい作品になるでしょう、とのことでした。

     ちなみに、光田氏がケイシー療法に関心をもつ日本の医師も収録することを提案され、有難いことに、不肖ながら私も登場させていただくことになっております(まだ観ていないのでどのように出ているのか分かりませんが)。

     上映後には、心のこもった拍手が自然と沸き起こったのが印象的でした、、。静かに浸透するような拍手でした、、。

     そして、時間の関係で、シュタイナー(アントロポゾフィ―医学)と、ケイシー療法についての紹介がほとんどできませでしたので、補う意味合いを含めまして、私の主催するホリスティックヘルス情報室において、下記の講座を設定しておりますので、ご興味のある方はぜひお出で下さい。

    ・「アントロポゾフィ―医学(シュタイナー医学)基本講座 ~シュタイナーの医学の基本を4回で学ぶ連続講座~」 山本忍医師他、4名の医師による輪番講義
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/1707Anthroposophie.pdf
    <日程>
    第1回(10/7)18:45~21:45
    第2回(12/2)18:45~21:45
    第3回(2/3)18:45~21:45
    第4回(4/7)18:45~21:45 
    <受講料>
    4回で21,600円

    ・「エドガー・ケイシー療法の原理と治療法」 日本エドガー・ケイシーセンター会長 光田秀氏
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/1707EdgarCayce.pdf
    <日程>
    第1回(11/21)19:15~21:15
    第2回(12/19)19:15~21:15
    第3回(1/16)19:15~21:15
    第4回(2/20)19:15~21:15
    <受講料>
    4回21,600円

    ・また、白鳥監督が波動カウンセリングを受けたセラピストが吉野内聖一郎氏ですが、その吉野内氏から「波動測定器の原理」について学ぶ講座を設定いたしました。
    ◎「エネルギー測定器の原理」連続講座」 波動リーディング協会理事・吉野内聖一郎氏
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/201707enerugi-sokutei…
    ■日程:各回19:15~21:15
    9/15(金),10/13(木),11/24(金),12/14(木)
    ■受講料:全4回21,600円
    スポンサーサイト


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2017-07-12(Wed) 12:29:35】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。