スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎「アントロポゾフィー医学(シュタイナー医学)」連続講座始まります!

     最近、「勉強の秋」ということで、講座のお知らせばかりになっていますが、、今日は、ここ数年開催しております「アントロポゾフィー医学(シュタイナー医学)」連続講座のお知らせです。

     取りまとめを日本アントロポゾフィー医学の医師会の理事の山本忍先生にしていただき、4名のアントロポゾフィー医学に取り組んでいる医師による連続講座となっています。

     このため、医学的基盤を踏まえた上での、とても地に足のついた内容になっているとともに、現代医学の枠にとらわれずに、アントロポゾフィー医学の視点からの医療観・治療観に基づく内容になっています。

     ご担当の先生自身が1年ごとにさらに成長されているため(このような通常の医療界では理解されない医学体系を追求されているのですから)、年ごとに内容が進化・深化しているのが分かります。

     日本のアントロポゾフィー医学、ホリスティック医学の発展・普及のためにも、このような講座によって先生方のエネルギーがさらに高まることが重要となります。

     2か月に1回、土曜日の夜の開講ですので、ぜひ万象送り合わせの上ご参集くださいますようご案内させていただきます!
    http://holistichealthinfo.web.fc2.com/2016Anntoro.pdf

    ☆第1 回(10/1) アントロポゾフィー医学総論(堀雅明)
     3 分節、4 つの構成要素+耳鼻科疾患、癌の観方

    ☆第2回(12/3)ゲーテ・シュタイナー的植物観察法(田中耕一郎)
     東洋医学の観点を交えて

    ☆第3回(2/4) アントロポゾフィー医学各論(山本百合子)
     アトピー性皮膚炎を中心に皮膚科疾患
     アントロポゾフィー医学の病院での実践
     芸術療法

    ☆第4回(4/1) アントロポゾフィー医学各論・総論(山本忍)
     7 惑星と7 つの臓器 12 星座
     アントロポゾフィー医学の治療薬と実践例
     オイリュトミー療法の体験

    ○会場:赤坂溜池クリニック付属ホリスティックヘルス情報室

    ◎申し込み方法
    「アントロポゾフィー医学」講座申込みとして、下記の
    項目をメールまたはファックスでお送りいただき、お振
    込み下さい。振込みをもって正式受付となります。
    ① 講座名②日程③氏名(ふりがな)④住所⑤連絡
    先(当日つながる電話番号)⑥メールアドレス

    ■ 主催・お問い合わせ: (有)ホリスティックヘルス情報室
    E メール: hic@a7.rimnet.ne.jp FAX: 03-5572-8219
    スポンサーサイト


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-09-16(Fri) 11:16:30】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。