FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎日本ホリスティック医学協会関東フォーラム委員会・ホリスティック医療塾アドバンス講座報告

    ◎日本ホリスティック医学協会関東フォーラム委員会・ホリスティック医療塾アドバンス講座報告

     最近、日本ホリスティック医学協会では、「一般人」向けの「健康」についてホリスティックな視点を提唱する「ホリスティックヘルス塾」を積極的に行っています。

     そして、もう一方では、「医療者・実践家」向け(各種セラピストも含むのがホリスティック医学協会の良いところです)の「医療・臨床」についての「ホリスティック医療塾」という講座も行っています。

     昨日は、その中でも「アドバンス講座」というやや上級向けの講座を行いました。上級という意味は、関東ではじっくりと「医の哲学」についての内容ということなのです。そして、講師は哲学を大学院まで学んでいた本宮輝薫理事が務めてくれています。

     とかく医療者は、医療の情報で手一杯になってしまい、いわゆる「専門バカ」と言われます。私は、社会状況や心の状態が反映される心療内科を中心としながらホリスティック医学を目指していますので、「広い視点」が必要であることを常々痛感しています。

     根本的な学問を求める際に、いろいろな視点があると思いますが、私は以前からいつかは、理系から「量子物理学」を、文系から「哲学・思想」をある程度学ぶようにしたいと思ってきました。

     そして、おかげさまで数年前からは、「エネルギー医学の原理」という視点から「量子物理学」に取り組めるようになり、とても素晴らしい世界を身近に感じられるようになりました。

     また、「哲学・思想」についても、やはり数年前よりケン・ウィルバーの「インテグラル(統合)理論(思想)」やアリス・ベイリーの「神智学・エソテリズム(秘教・密教)」を学ぶ機会に恵まれました。

     そんな中で、昨年の10月に行いました特別企画「エネルギー科学×東洋思想 ~アリス・ベイリー、秘教治療から老荘、空の思想まで」は、神尾学氏×本宮輝薫氏により、お互いの価値観を交錯させる真剣な場となりました。

     終了後、本宮氏から「ホリスティック医学には神秘思想、エソテリックな思想が絡んでくるので、一度その辺をしっかりやる必要がある。やはりプロチノスを一度やろうかな」とのお言葉が、、。

     「プロチノス、、?」。プラトン、ソクラテス、アリストテレスなどの三大哲学者ならある程度聞いたことがありますが、プロチノスって、誰ですか、、名前しか聞いたことないですね??

     どうも、「神秘主義」とか「ネオプラトニズム(新プラトン主義)」の中心的な哲学者とわかり、2月の「ホリスティック医療塾アドバンス講座」のテーマにすることになりました。

     そして、この「ネオプラトニズム(新プラトン主義)」でふっと浮かんだのが、やはりこれもとても面白かった昨年の特別企画「バッチ×シュタイナー」で、林サオダ氏がバッチ博士はネオプラトニズムの影響を受けていると語っておられたことが気になっていたのでした、、。

     そうしましたら、何とこの講座のチラシを見られて、サオダ氏から受講の申し込みが来ました、、。やはり気になっておられたのですね、、。

    ・「神秘思想の源流とそれを超えるもの ~プロチノスの「一者」と仏教の「空」の思想」 講師:本宮輝薫氏(心身一体療法研究所主宰、協会理事)

     今回のタイトルが、医療・臨床との関係性が表記されていないため、まさに「哲学の会」みたいな印象になってしまったため、参加者は少なかったことをまずは反省、、。

     一応、紹介文には「アロマセラピーやホメオパシー、さらにフラワーレメディーなどの根底に、西洋神秘思想があるとされます。さらにその源流にプロチノスの「一者」の思想があるといわれます」と本宮氏が記述してくれてはいたのですが、タイトルにこの辺を分かるように書くべきでした、、。

     まず、本宮氏は、ホリスティック医学で大事な要素になっている「スピチュアル、スピリチュアリティ」について、整理・分類してくれました。

    A、スピリチュアル・エネルギーを用いる技法

    1、伝統医学・代替療法~アロマセラピーやホメオパシーなどのいわゆる「エネルギー療法」
    2、土着シャーマニズム的なもの~霊感・神がかり・予言・死者との交信など

     ~つまり、ホリスティック医学で取り上げられる「代替療法」の多くが、この視点で関係しているというわけです。

    B、スピリチュアル・エネルギーを用いて、精神の向上を目指すもの(「スピリチュアリティ」という感覚のもの)

    1、倫理主義的~儒教
     倫理的な儒教には、神はいない
    2、唯一神論的~ユダヤ教・イスラム教・キリスト教
     オベリスクを象徴とするように絶対的な神がいる
    3、神秘主義~神秘体験を基本にして精神性の目覚めを求めるもの。仏教の多く(俗化した仏教)、ヴェーダンタ、新プラトン、一般的な老荘解釈(浅い解釈での老荘思想)、ヨガなど
     そして、エソテリズム(秘教・密教)は神秘主義のより神秘的な部分とのこと。
    4、実体化錯視の解体(執着の解体)を通して、意識の「空化」を目指していくもの~本来の仏教や老荘思想

     ~このBの視点は、「療法」や「技法」という方向性ではなく、「人間性の向上を目指す」という方向性のもとに「エネルギー」や「神秘的なもの」を求めるということで、「スピリチュアリティ」という感覚になります。

    C、スピリチュアル・エネルギー用いて権力・富・成功などを求めるもの(表面はBの顔をしているものも少なくないとのこと)

    1、ほとんどすべての神秘主義がこの傾向を内在化させている
     神秘主義はこの方向を目指していなくても、どうしても神秘的なものを求めるがゆえに、結果的にある程度この方向性になってしまう、、
    2、フリーメイソン神秘主義
     いろいろ取り上げられる秘密結社ですね、、
    3、イルミナティ神秘主義
     これも秘密結社で『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』などで知られるようになりましたね、、

     ~このCは、最近流行している「引き寄せの法則」などといわれる、成功したいために「エネルギー」とか「神秘的なもの」を求めるものです。私はあまり好きではありません、、

     そして、今日のテーマの「神秘主義」は、基本的に「B、の3」の位置づけであるが、「A」の代替療法の源になっているものなので、学んでおきましょう、、とのことです。

    「プロチノス」とはどのような人か?

     プラトンの時代よりだいぶ後の205年~270年ころに生きた哲学者で、エジプト出身。「28歳のときに哲学への愛に燃え立った」そうで、アレクサンドリアで学んだそうです、、。

     本宮氏によると、ローマやアテネではなく、このアレキサンドリアで学んだことが後で役立ったそうです。それは、アレキサンドリアには、インドの思想が伝わっていたため、プラトンを超える発想の素地ができたと考えられるとのことです、、。

     39歳の時に、さらに哲学を学ぶためにローマに向かい、哲学塾らしきものを開き、ローマ皇帝に尊敬されるような立場になったそうです。

     自分のことをプラトンの研究家と位置付けていたそうで、後世になって「新プラトン主義の創始者」と呼ばれるようになったそうです。

     そして、神秘主義の代表的な立場にもなっていますが、これはプラトンの「イデア界」をより追究し、神秘体験を重視する姿勢をもっている新プラトン主義の提唱者であるからのようです。

    「神秘主義」は理性的か?

     そして、通常は「神秘主義」というと、理性や論理を超えた神の世界ともいえるものを認め、それを理解するには理屈ではわからず、いわゆる「神秘体験」を通して理解できる、という方向性になりますね。

     →つまり、感覚的、体験的な方向性になり、理性的、論理的との対極にある印象です。

     ところが、本宮氏によると、古代ローマ、アテネの哲学、さらには西洋の哲学の姿勢の素晴らしい点は、「神秘主義」であっても「理性的」「論理的」という方向性を有している、とのことです(日本ではそうなっていないのがとても残念とのことです)。
     
     具体的には、「神秘主義」についてであっても「神秘体験が大事だから体験していない者は、分からない」ということではなく、きちんと言語で「対話する」という姿勢があるとのことです。

     →これはとても重要なことではないでしょうか。もし、「(神秘)体験」ばかりを重視していたら、体験の浅い人間は何も言えない(言語道断、問答無用のような)状況になってしまいます。

     これは、私は実際に、昨年の日本ソマティック心理学協会の大会で目の当りにして、このFBで指摘させていただいた経験が思い浮かびます。

     体験の違い、深い・浅いの違いはあっても、体験が浅いから「言語道断」「問答無用」では困ります。もちろん、各自がより深い体験・考察を求めていくとしましても、その段階ごとの各々の体験で得られた知見を交流することが大事だと思います、、。

     そして、この神秘主義をどのように理解し位置づけるかについて、「肯定面」と「否定面」の両面から検討してくれました。このように、両面から検討する姿勢は「ホリスティック(全体的)」な視点をもつための基本ですね(スピリチュアルな姿勢よりもむしろ重要だといえますね)。

    「神秘主義」の肯定面

    1、論理的・理性的思考を超えた世界、常識を超えた世界を垣間見せてくれる
    2、人間の内なる霊性・神性に気づかせてくれる
    3、単なるトランス体験や至高体験を超えた世界を垣間見せてくれる
    4、世界・宇宙の統一性、一体性などを垣間見せてくれる
    5、神性の臨在性(山川草木悉有仏性)などを垣間見せてくれる

     論理や理性だけではすべては分からない、という謙虚な姿勢をもつためにも神秘主義は役立つ、というのはよく分かりますね。

    「神秘主義」の否定面

    1、合一・一体性・統合といった面に傾きすぎる
    2、原初の「一」を絶対化するので、そこで思考が停止してしまう
    3、論理的思考よりも、直覚を重んじるので、思考を軽視しすぎる(とりわけ日本では情緒主義に流れる)
    4、大地・自然に帰る、一なる全体性を回復するというようなところから、全体主義に至る危険性がある
    5、神秘・秘密を重んじるところから、理性的なディスカッションを嫌う傾向が出てくる
    6、自分たちは神秘・秘密を体験した人たちだというところから、エリート主義が生まれ、そこから排他主義に至る可能性がある

     ~この辺りは、ホリスティック医学、スピリチュアリティに傾倒した際に、途中で陥りやすい問題点として常に留意されてきたことで、とても大事な事柄ですね。

     特に4の「自然に帰る」、「全体性」という点は、あのナチスの全体主義につながった忌まわしい歴史がありますので、「全体論(ホーリズム)・統合理論」と「全体主義」を混同しないようにすることが大事ですね。

     5については、先ほども取り上げた点ですが、サオダ氏から「最近ではディスカッションという優劣をつける話し合いではなく、"ダイアローグ(対話)"という姿勢が出ていますね」という指摘がなされました。

     また、6の「エリート意識」についても、バッチ×シュタイナーの特別企画の際に、林真一郎氏がシュタイナーの人たちが使う「霊統」という表現について指摘していたことが思い出されます、、。

    ・今後の展望

     本宮氏によると、哲学も19世紀には「理性」「霊性」などを主たる対象としてきたが、20世紀になると「身体」「無意識」「言語」などを対象とするように変化(進化)されているとのことです。

     また、最近の哲学は、実体よりも関係性を対象にした「関係論」を重視する方向に変化(進化)してきており、科学で実体を基本にした古典力学から量子力学に変わったのと似た状況になっているとの説明もありました。

     この方向は、実体論は「~である」を求める方向性であるのに対して、関係論は「~でない」という、本来の仏教の中心理念である「空」とか「中」の思想に近くなっているとのことでした。

     →ということで、今回もとても学びの多い講座となりましたが、今後・次回について少し話を進めました。

     今回のテーマに強い関心を持って下さった林サオダ氏から、キリスト教の異端のような位置づけの「グノーシス」が要望されました。

     私は、三哲の一人であり「万学の祖」ともいわれ、後世に多くの影響を与えたアリストテレスを要望させていただいた次第です、、。本宮氏は、プラトンの理論をいろいろ詳しく修正したような位置づけで「面白くない」とのことでした、、。

     →しかし、アリストテレスは、政治学の祖でもあり、物理学、宇宙学、自然学などとても広範に取り組んだ、ある意味「ホリスティック」な視点をもった哲学者のように思います。

     ぜひ、「アリストテレスによるホリスティック(医学)への影響」のような視点で、一度取り上げていただきたく、再度お願いしたいと思います、、。

     次回は、またホリスティック医学に対する深い考察に必要な視点で、きちんと分かりやすいテーマを設定したいと思いますので、ぜひ楽しみに、奮ってご参加ください!


    スポンサーサイト
    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-02-29(Mon) 17:37:06】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    ◎スピエネット「エネルギー療法の最前線」連続講座(2016・2・6)報告

    ◎スピエネット「エネルギー療法の最前線」連続講座(2016・2・6)報告

    「日本発のエネルギー療法 ~レイキと野口整体」

     日本ホリスティック医学協会の今年の本格的な活動の幕開けを告げる講座が2月6日に行われましたので、報告いたします(いつものように長めです)。 

     おかげさまで毎回満席が続いています「エネルギー療法」の連続講座ですが、今回は"日本発"のエネルギー療法として、「レイキ」と「野口整体」を取り上げました。

     とかく「西風」に弱い性癖がある日本人ですが、エネルギー療法においても立派にオリジナルで世界に誇れるものがある、というわけです。

    ○「"レイキ(靈氣)" 医療者&「セラピストが身につけるべき素養」
    市江雅芳(直傳靈氣師範、レイキ・マスター)

     「レイキ」についての印象は、実は私は森林療法にも力を入れているのですが、そのスタッフの間で流行したことです。屋久島に下見に行った際に、一人のスタッフが捻挫してしまったのですが、帰りの鹿児島空港で3人くらいで手当てをやっていた光景を思い出します、、。

     講師の市江先生は、レイキ(靈氣)の師範、マスターでいらっしゃるとともに、医師であり、大学の教授でもいらっしゃるという貴重な方です。

     まず、最初は「レイキ(靈氣)」です。が、この「レイキ(靈氣)」という表記の仕方がその意味、歴史を表しています、、。

     「日本発」なので、「靈氣」が基本になります。しかし、日本よりも海外でのほうが評価されており、いわば「逆輸入」現象が起こっているため「レイキ」という表記のほうがむしろ有名になっている、という現状を表しています。

     また、漢字の表記は「霊気」ではなく、「靈氣」になります。この「靈」という文字は、「雨」が宇宙エネルギーを表し、真ん中の3つの「口」が器を表し、一番下の「巫」は巫女を表す、ということだそうです。

     そして、「気」ではなく、「氣」となります。この「氣」の中の「米」は、「四方八方に広がる」ことを意味しているのだそうです。

     一方、カタカナの「レイキ」は、西洋に伝わったものが逆輸入された「西洋レイキ」の意味合いになります。

     市江先生は、靈氣とレイキの両方を学ばれていらっしゃるので、両方を視野に入れてお話を進めていただけたことがとてもよかった点です。

     習得者の数は、「直傳靈氣」が2万5000人で「西洋レイキ」が300万人だそうですが、当日の受講者では半々という比率で、市江先生も驚かれていました。

     まず、大事な注意点から、、。

    ・手を当てるときに「念じている」
    ・手を当てながらエネルギーを「意図的に動かしている」
    ・「私が治してあげる」と思っている

    →これらは、もはやレイキ(靈氣)ではありません、とのことです!

    レイキ(靈氣)の真髄は、

    「パイプ」に徹し、「無心」に手を当て「自然にゆだねる」こと

    とのことです。

     そして、市江先生は、レイキ(靈氣)が、もとは臼井氏が始めた「臼井靈氣療法学会」であり、そこから分派し、海外に行ってレイキになっているため、その共通基盤として1974年に臼井靈氣療法学会から出された「靈氣療法のしおり」という貴重な文献から紹介してくれました。

    ・「靈氣」とは、すべての生き物に共通して流れている「根源的な生命エネルギー」であり、特殊なものではない

    ・靈氣はどうすれば発靈されるかというと、現実の小さな知恵を捨て、大自然の懐に、生まれた時の姿で溶け込むこと(純心無垢になること)

    が重要な基本とのことです。

     そして、臼井先生が発見した「靈氣療法」の特徴として、

    ・血液交換法~虚弱体質、病後、高齢者に行う全身施術法。
     医学の領域に「血漿交換療法」という血漿成分を入れ替えるメカニックな方法がありますが、これとは違うとのこと。

    ・丹田治療法~丹田に手を当てて毒をくだすこと。

    ・病腺靈感法~病気の部位に手を当て病源から出ている何かを感得すること。
     この「病腺」は、臼井靈氣療法学会と直傳靈氣では重要な概念になっているが、西洋レイキには伝わっていないそうですが、西洋レイキでは「響き」という概念があるそうです。

     さらに「気功との違い」は、

    ・念や意図を込めない
    ・エネルギーを動かさない
    ・施術者は自分の「氣」を流さず、パイプに徹する

     念や意図を込めると、自分の「氣」が混入するので、気功師のように日々修行をしていないと、エネルギーが確実に劣化してしまう、とのことです。

    →靈氣では、純粋無垢のエネルギーがベスト!とのことです。

     そして、話は「エネルギーの系統」という問題に、、。

     一部の西洋レイキで「誰からアチューンメントを受けたか、誰のエネルギーを受け継いでいるか」を問題にするものがいるが、「靈氣とは"すべての生き物に流れる生命エネルギー"であることを考えれば、ナンセンスなことが分かる、、とのことです。

     そして、「医療者やセラピストの素養」としてのレイキ(靈氣)。

    ・患者さんに触れるだけで自然に病巣へエネルギーが流れていくため、医療の場で非常に有益である。
     ~西洋レイキでも、5分×12か所というスタンダードポジションにこだわらなければ使うことができる

    ・一方、医療界のみならず社会的な認知度がまだ低いため、医療の場で行うには、スタッフの理解を得る必要があるのが難点。
     →英米では補完代替療法の一つとして活用されている。

     そして、話はさらに大きな枠組みからの視点へ、、。

    ・宗教よりも、神智学や秘教の世界観(「すべてはエネルギーである」「エネルギーはすべて宇宙からくる」)とマッチする

    ・靈氣の手当→物質界層(肉体、エーテル体)へ
     靈氣の遠隔→アストラル界層(アストラル体)へ

     靈氣というと「手当」というイメージですが、靈氣にも「遠隔」があることを知りました、、。

     私も神智学・エソテリックヒーリング(秘教治療)を神尾学氏に学んでおり、市江先生とは同窓生になるので、この部分はまさに同感です。

    ○「野口整体」
    鵜飼高司(整体コンサルタント、公益社団法人整体協会本部講師)

     まず、通常、外部での講演は許可が出ないそうですが、何故か今回は許可が出たそうです、、。貴重な機会をいただけました。

     「野口」と名前がつく、日本発のボディワークには「野口整体」と、その他に「野口体操」というものもあります、、。

     私の野口整体の印象は、「活元」というやや不思議な状態が起こることを大事にするユニークなもの、という印象でした、、。

     講師の鵜飼先生は、何と幼少の頃から名古屋の先生に整体指導の時に抱かれながら、「大きくなったら野口整体の先生になるんだよ、、」というあやされ方を受けていた、というまさに申し子のような方です、、。

     そして、若くして野口晴哉氏の三男の野口裕介先生の内弟子に入り、住み込みで学ばれたという筋金入りの方ですが、とても穏やかな雰囲気をお持ちの方でした。

     巷ではよく「野口整体」といいますが、野口整体の方々の間では、単に「整体」と称してきたそうで、近年になって雨後の竹の子のように、たくさんの整体が出てきたのだそうです。

     まず、「整体協会」についての解説をしてくれました。

     昭和31年、野口晴哉によって設立され、文部科学省から社団法人として認可を受けた「体育団体」とのことです(体育団体なのですね、、)。

     その意味は、本来、体育が目指す「体力発揚」とは、実生活の場で「溌剌と自らの能力を発揮すること」であり、体力発揚の基礎となる「体を整える」には、広い視野に立って生活を見つめなおすことが必要になる、、。

     整体協会は、「生命の"自発性"に即した生活を提唱されているそうです。それは「生命の自発性を理解し、自らの心と体を悠々と使いこなして生活すること」とのことです。

     このあたりの説明一つ一つが、次々と響いてくる感じを受けて感動してしまいます、、。

     そして、今やレジェンドともいえる「野口晴哉氏」の生涯についても紹介してくれました。

     明治44年、9人兄弟の次男として東京・上野に生まれ、幼少期を過ごした漢方医の叔父のもとでさまざまな読書に明け暮れていたそうです。

     12歳のときに関東大震災に遭遇し、焼け野原で苦しむ人々に、本能的に手をかざしたところ多くの人が快復し、これをきっかけに治療家としての道を志したそうです。

     15歳で道場を開き(すごいですね、15歳ですよ)、"愉気"と"活元運動"を主体とした療術団体「自然健康保持会」を設立。

     17歳で『全生訓』を発表し、以後、一貫して「生き生きと生を全うする」ことを指針に据えた活動に入り、「整体操法」をまとめ上げ、昭和22年には「整体操法協会」を設立し、昭和20年代後半には、身体を通した人間の個性研究ともいえる「体癖論」の基礎を完成させる。

     この頃から、病を治すことよりも「人間本来の力を引き出して健康に導く」自らの力を「体育」と位置づけ、「治療」を捨てることを決意(このあたりの推移もジーンとくるものがありますね、、)。

     「何かに頼ることなく自らの足で立つこと」を指導理念に掲げ、昭和31年、体育団体「社団法人整体協会」を設立。

     昭和51年、東京・狛江の自宅で家族に見守られ64歳で永眠。

    そして、野口晴哉の語録もいくつか紹介されました。

    ・「体育の目標」~敏感で弾力があって、強張らない、素直な体をつくることが目標である。つまり錐体外路系運動が敏感に生じ、無意識のうちに異常を感じ、それに対応する活元運動が起こって、いつの間にか調整してしまう、そういう体をつくろうというのである。

     そうです、出ました、、「錐体外路系」。野口整体のイメージです、、。

    ・体の抵抗力を育てるということは、病気や故障を自分の裡(これで「うち」と読みます)なる働きで経過することによってのみ得られる。したがって、病気になることも、故障の回復することも、育てるということの中にある。故障と回復とは一つのものである。

     「故障と回復とは一つのもの」、、光と影のようなとらえ方でとても含蓄がありますね、、。

     そして、具体的な活動内容、用語・技法の紹介へ、、。

    ・活元運動~生を全うしようとする人間の裡(「うち」です)にある力をより敏感にするための錐体外路系を利用した自己訓練法

    ・愉気法~人間がお互いを守ろうとする本能的な手当てを発展させ、呼吸法を基礎とした精神集注による気の感応の実践法
     →さらに、静かな気、澄んだ気が良い。強くとも荒んだ気、乱れた気はいけない、となっているのが頷けます、、

    ・体癖~人それぞれの特徴的な体の使い方を観察することによる、人間の生理、行動などにみられる個性的現象

    ・潜在意識教育~人間の行動原理を大きく左右する意識以前の心と体のつながりの解明。また、人と人との対話における自然の在り方の追究

    ・整体指導~整体法をより円滑に体得せしむるための補助技術としての整体操法
     →いわゆる技法は「補助」なのだ、となっているんですね!

     そして、その後、時間の許す範囲で「体癖」や「エネルギーの分散と集注」などについて説明して下さいました。

     その後、日本ソマティック心理学協会会長の久保隆司氏の進行で、こちらも大変充実したダイアローグが行われました。

     エネルギッシュな市江先生と、物静かな鵜飼先生の対照的なお二人の講師がコラボすることによって、不思議な相乗効果が生まれていました。

     日本発の「レイキ(靈氣)」と「野口整体」、、とても興味が惹かれるものでした、、。お二人の素晴らしい講師に感謝です!
     次回は、4月2日に「セルフケアとしてのエネルギー療法」という視点で、「ヒーリングタッチ」と「EFT(感情解放テクニック)」を取り上げます。乞う、ご期待!


    Dr.降矢のホリスティックブログ | 【2016-02-15(Mon) 16:34:35】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

    Copyright © ホリスティックヘルス情報室 スタッフブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    skin:*cuteblog*   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。